お金を借りるなら利子の比較は必須!

お金を借りるなら常にお得に借りることを考える必要があります。
借りられるならどこも同じと考えている方は多く、特にはじめて借りる方はそうした考えを持っているようです。
消費者金融と銀行を比較した場合、上限金利は3%程度の差があります。
消費者金融が18.0%なら銀行は15.0%という感じであり、両者の開きは大差がないように思えます。
しかし実際に返済を始めると、たった3%がいかに大きいか実感するのです。
お金を借りる金額が数万円ならば大きな利子の差にはなりませんが、借り入れが10倍になれば利子も10倍になるのです。
金利というのは金融機関が設定するものですが、利子は借り手による借り方も大きく関係してきます。
高額のお金を借りる、長期間の借り入れをするなどにより、利子は増えてしまうのです。

お金を借りるときは利子の比較が必須であり、そのためには第一に金利比較をしてください。
金利は0.1%でも低いほうがいいので、必然的に選択肢は消費者金融より銀行になることでしょう。
低金利のローンほど審査は難しくなるのが普通ですが、他社借り入れがない、または少なければ借りられる可能性は高いです。

なるべく低金利のローンを選び、あとは返済シミュレーションをして詰めていきます。
短期間で返済するほど利子は少なくなりますから、短期返済しやすいローンを選んでいきましょう。
繰り上げ返済ができることは必須であり、ここはローン商品ページのよくある質問欄などをチェックして調べてください。
参考